写真処理とは

現在の科学ではその根拠を解明することは出来ませんが、緊張波動については写真処理が有効であることが経験的に証明されております。

例えば身近にある緊張波動を発している物品の写真を撮り、プリントアウトした写真に(物品処理用)KAIESを重ねると体が楽になることを多くの方が経験しております。

また体の痛い部分の写真を撮り、その写真にポケットKAIESを重ねておいたら楽になったという報告も多数寄せられております。

世の中には科学的根拠のないものは拒否するという主義の方が沢山おられます。しかしながら一方において物事は「こうすればこうなる」という法則で動いており、科学的根拠の有無に関わらず暗黙のうちにこの法則を利用することによって私達は進歩発展を遂げて来ました。我々にとって有利な法則が見つかったら科学的根拠の有無に関わらずそれを利用しない手はありません。

KAIESによる写真処理には確かな効果があり、しかも以下に述べる様に便利な側面があります。

写真処理の特長

  1. 物品処理の場合、貼り付ける必要が無い。
  2. 体の痛み等を取る場合に当てている必要が無い。(時間の節約)
  3. ペットでも治療出来る。

写真処理の代表例

  • 強い緊張波動を発するマンション等集合住宅の窓枠(どれか一つを撮影)や玄関扉(外から撮影)
  • インターネット周辺機器(光回線終端装置、無線LANルーター等):側面を撮影
  • 自動車:前面を外から撮影
  • 外出時服装の関係で胸にポケットKAIESを下げられない場合:前胸上部の写真

写真処理の注意事項