価格 5,000円

下記の様に使います。

  1. 附属のケースに入れ、前胸上部に当たる様に固定して携帯する。手製あるいは市販のの布袋にKAIESを入れて携帯すると更に効果が高まります。→ 外出時、周りの人が使用するスマホ等の電磁波を安全化します。また、気管へのウィルスの侵入防御および感染治癒の助けとります。左右の鎖骨を結んだ線と両乳頭を結んだ線との間に来る様、衣類に留めて下さい。肌に直接当てる必要はありません。
  2. 写真処理による代替方法
  3. 夜間就眠時に枕の下に置くことによって睡眠効率をアップします。症状が強い場合は枕の上、上部頚椎部の直下に直接当てて寝ます。 なお、風邪の症状がある時は前胸上部の1.の部位または違和感を感じる部位に当てて寝て下さい。
  4. 患部に直接当てると、多くの場合症状が緩和されます。
  5. インターネット経由で強い緊張波動が送られて来ますが、光ケーブルが敷かれている場合は、その終端装置に貼り付けます。ポケットWiFiの場合は裏面に貼り付けます。
  6. 金属自体から電磁波は出ておりませんが、緊張波動は金属に高い親和性を持っており、緊張波動を帯びて緊張波動の発信源になっている場合が多いです。集合住宅の金属窓枠や金属性の玄関扉は処理の優先度が高い金属ですが、KAIESを貼り付けることによって処理できます。
  7. 楽器を演奏して出る音即ち音波は電磁波と同じ様に波動を運び増幅します。とくにピアノの中の弦は金属製なので緊張波動を帯びている場合が多いです。
    ピアノの中の弦の上にKAIESを置くことによって身体を安心させる音質に改善されます。(体験談参照)
  8. スマホとポケットKAIESを重ねて強力な安全波動領域を作る
  9. KAIESを貼り付けたスマホの裏面にポケットKAIESを重ねると、それを中心に直径1メートルの範囲内は強力な安全波動の領域が形成されます。この領域内では電磁波処理をしていないスマホでも完全に安全化されます。
    ポケットKAIESを胸につけられない場合は、スマホとポケットKAIESを重ねた状態でバッグに入れて持ち運んで下さい。
スマホ+ポケットKAIES

※2,3は付属の和紙ケースに入れてお使い下さい。4~7はケースに入れず、直接対象物に付けて下さい。